土曜競馬馬券購入を原則廃止に

中央競馬をほぼ毎週、土曜日と日曜日の両日やってきましたが、土曜競馬を朝からやることを廃止することとし、やるのであれば、特別戦後半の第10レースとメイン11レースに加え、最終12レースを足した最大でも9レースだけやることとし、それも来月の阪神カップなどがある重賞開催時のみやることとしました。

原則として、土曜競馬を廃止することにしたのには、懐事情によるところが大きいです。「1レース平均100円賭ける」という原則を設定しただけでは足りず、中央競馬参加レースを半減させなければ、私の財政健全化は完成しないと悟りました。

というのも、平日も少しだけ地方競馬(南関東・園田競馬中心に)を賭けており、1週間通じて馬券生活を満喫するためには、レースの立て込んでいる土曜日の中央競馬をやめなくてはいけないと考えました。

1週間の馬券スケジュールを考えますと、日曜日は最悪3600円の支出に見舞われる可能性があります。それを令和元年12月~令和2年2月までの中央競馬カレンダーと収入のある日を併せて考えますと・・・

12月1日…3600円・12月8日…3600円・12月14日…900円・12月15日…3600円・12月21日…600円・12月22日…2400円・12月28日…2400円・1月5日…2400円・1月6日…2400円・1月12日…2400円・1月13日…2400円・1月18日…900円・1月19日…3600円・1月26日…3600円・2月2日…3600円・2月9日…3600円

概算ではこのようになるはずです。合計で1カ月半で42,000円になります。12月8日は競馬が不可能の可能性もあるので、より現実的には38,400円でしょうか。

その間の収入が10万程度ですから、まあまあ適正な範囲に収まったと自分では考えます。南関東・園田競馬が平日にあるので、そこをどれだけ避けられるのかが次の焦点となりそうです。ただ、1日あたりのレース数は地方競馬の方が少なくなるので、うまく抑えられたら5万円程度で済むでしょう。

とりあえず、支出額の多い中央競馬の投票金額を概ね予定からさらに半分にして、財政健全化達成の時期を早めたいと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)