米債投資よりもさらに弱気の株式ベアETF投資へ

米国の株価も冴えなくなってきたことで、米国短期国債ETFへの投資も悪くはない局面になっては来ているのですが、世界的な景況感の急速な悪化の前に、米株も大きく崩れる可能性が高くなったのかな、と思いました。

そこで、米国短期国債ETFから、米株指数(S&P500)ベア3倍ETFへの乗り換えを実行しました。

株価指数は、上がったり下がったりを繰り返しながら、徐々に下値を切り下げていく展開を予想しています。

(2019年8月27日現在)

あっという間に株価暴落と底打ち、という可能性はないわけではないでしょうが、今回の下落は景気の悪化に裏打ちされた、本格的な株価の下落だと思うので、長期投資ポートフォリオがベア型ETFで大半を占める現在の状態に違和感は持っていません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)