インド債券投信を買付

米国株式市場は高値を更新してきているものの、米国を含め、先進国市場の株式・債券などの値動きがあまり安定していないように見えるので、投資をどうしたらいいか、と思案していました。

米国や欧州の金融緩和措置が見込まれる状況ですので、先進国株式市場が大きく崩れる可能性は低いことから、「健全な新興国」の金融市場も資金流入があっておかしくない…そう考えたので、投資先の間口を広げ、比較的まともに経済が回っている新興国も投資先として考えてみました。

そのなかでは、利下げの途上にあるインドが、ゆくゆく有望そうだ、という感じでしたので、利下げ底打ちまでは債券投資、底打ち後は株式投資をすることを画策し、先ずはインド債券に投資をすることを考えました。

信託報酬などのコストはかかりますが、換金しやすい投資信託で投資することを選択し、買付しました。しばらくは、この投信を買い足していき、市場動向と金利情勢を勘案しながら、適宜、インド株への投資にシフトしていくつもりです。方針を債券投資から株式投資にシフトしていく時期は、今のところ未定です。

一部を除いてインド株式も決して高値圏ではないことから、インド株ETFも近いうちに買うかもしれません。今のところは、債券価格のほうが安定しているので、株式を買うにしても、債券>株の比率にしておこうかと考えています。

※これに伴い、『日経高配当50指数連動型上場投信』の積立は中止しています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)