金融機関(国内・海外)使い分け

海外口座も開き、いろいろと手を広げて運用をしているところです。

1週間半ほど海外口座を頑張ってやってきましたが、どんなものなのか、他の方々のお話も伺いながら、体験して得た結論があります。それは、「海外口座だけで全てを済ますのは無理がある」ということでした。

高レバレッジ取引も海外口座では可能ですが、ちょっとした誤りで資産が毀損してしまいます。あまり大金を入れて投資する場所ではないな、という感じもしました。

海外口座はメインにはできない、との結論に至りました。ですが、証拠金取引(FX・CFD)は海外口座で楽しむ方が良いと思いました。

海外口座は投資を日々楽しむのに使う、として、国内の金融機関を活用できる場面はどこかというと、貯蓄や元本の比較的安定した成長を図る場で、どうしてもなくてはならない存在だと考えます。

ということで、海外口座の活用の仕方は決まったので、今度は国内金融機関での資金運用についてゆっくり考えていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)