個人向け国債を中途換金

先日、個人向け国債を中途換金しました。中途換金すると、直近一年分の利子の大半が没収されます。その没収分を元本から差し引いた金額が返金される仕組みです。

運用難のご時世ですが、換金に3営業日も要する利子もほとんどつかない商品を持っていても仕方がない、という結論に達しました。

ただ、この一年間で、自分の「貯めぐせ」をつけるには、発行後一年間中途換金できない、という個人向け国債の条件は良かったと思います。「自分には、一年後に戻ってくる根雪のような資産があるんだ」という意識が根付き、競馬でお金を使い過ぎるのを抑制したり、収入の大部分を貯蓄・投資に振り向けるきっかけを与えてくれた商品でした。

競馬抑制や貯蓄・投資励行が成功したので、個人向け国債の役割はほぼ終えたとみました。今後は、個人向け国債の売却代金をより積極的な投資に使おうと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)