海外FX業者の口座で運用開始

「安全性は担保されているのだろうか?」と不安だった、海外FX業者。他の方からお話を伺ってみたりするうち、自分が食わず嫌いしていたんだな、と思い直して、口座開設に踏み切りました。

入金後、世界標準のFX売買アプリの一つである、MT5(メタトレーダー5)をインストールした後、US500cash(いわゆる現物のS&P500のCFD)を運用開始。

今使っている業者は、日本人トレーダーが最も利用しているところだそうで、8年くらいの歴史があるそうです。一般トレーダーが出金できなくなったというようなトラブルは過去起こしていないようで、安心感があります。

多くの海外FX業者の良いところは、追証なしであり、証拠金以上の損失を抱える必要がないことです。これはかなりの安心要素です。国内業者や国内取引所だと、CFDやFXで証拠金以上の損失を被ることがあるとされるからです。

とはいえ、S&P500CFDは証拠金がゼロになることは避けて、じっくりと運用したい意向なので、証拠金を多めに入れ、レバレッジは3倍くらいで運用することにしました。

他の商品にも手を広げて、今度の10連休は海外口座をメインに取引を楽しみたいな、とも思っているところです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)