投資について語り合う

先日、投資のプチ勉強会を親戚の子と私の自宅の一室で行いました。

普段は、平日の夜などに、電話で投資の話題をする間柄なのですが、この日は、パソコンをお互いに持ち寄って、ネット証券の四季報ページやチャートを見たり、ETFについて深掘りして話したりしました。

特にその日の大きなテーマのひとつになったのは、Googleスプレッドシートを使った資産管理方法についての話題。親戚の子は、Googleスプレッドシートをまだ体験したことが無かったので、パソコン版で株式・ETFの評価額の入力から始めて、円グラフを作成することでの資産の視覚化作業を行い、さらに、スマホにスプレッドシートアプリを入れてもらい、外出先でも作成物の閲覧・編集の出来ることを確認してもらいました。「すごく便利だ!」と彼も驚いていました。

そして、そのあとは、米国株式の話。ヤフーファイナンスUS版の個別銘柄画面の見方から始め、国内ネット証券からの注文方法をレクチャー。それから、米国ETF、さらにはADRの説明をしてみましたが、彼は全て私の言ったことをメモに取る熱心さ。私の説明することすべてが興味深く感じられたようで、貪欲に知識を吸収しようという、投資への意欲の強さを感じました。さすがは、若者です。

それからは、僕が聴く側に回り、彼は独自に業界研究をして調べた個別銘柄の話をたくさんしてくれました。僕の知らない銘柄の話がほとんどで、新たな発見がありました。

ドライに付き合える親戚同士のお金の話なので、胸襟を開いて、余計な見栄をはることなく、言いたいことをお互い話します。今は僕の方が投資歴20年弱の経験を話す立場ですし、彼の方が給料取りなので、資産は彼の方が大きくなっていくでしょうが、互いに学び合っていける仲なので、これからも良好な関係を築いていけるはずです。

やっとこの年齢になり、投資についてしっかりとした知識を共有できる人が現れてくれました。この関係を大事にし、発展させていきたいです。午後6時間ほど話しましたが、今回のようなミーティングを、定例化しようか、ということになりました。流石に彼が帰ってから夕食後、すぐに疲れてしまいましたが(苦笑)。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)