ダウ・デュポン(DWDP)、悪決算で下落

昨日の米国株式市場、保有するダウ・デュポン(DWDP)で悪決算下落をまともに浴びてしまい(-9.23%)、ポートフォリオの評価額減額。他の銘柄2つは、BHPグループが+0.91%、CSXが-0.9%でほぼトントンでした。

銀行株を利食い売りしたのは良かったのですが、昨日のダウ・デュポンの悪決算による株価下落は「あ痛たたあぁ…」という感じです。

ダウ・デュポン株は、年初来の上げ分を吐き出した格好。これ以上の大幅な下落も今のところ考えづらいため、業績回復に賭けて保有継続見込みです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)