YouTube投稿再開へ向けて

最近、自分自身寂しいのか、読書をしたり人の話を聞いたりすることよりも、とりとめもない内容であっても人に話をぶつけたい衝動にかられることが多くなってきているように思います。

とりとめもない話もそうですし、世の中に憤りを感じた話、投資の話など、あれこれと喋りたいのです。

そういう人には、YouTubeで動画投稿するのがストレス発散には良いような気もしてきました。以前、静止画・テキスト情報のほうが精神障害者には疲れにくい表現手段で良い、と書きましたが、たまには動画投稿で生音声を送ってみたい時もあります。

Amazonで改めてマイクを注文してみました。カメラもあると顔出しできますが、顔出しは少し躊躇してしまいます。なので、静止画面で音声だけ流そうかと思います。今持っているマイクより性能の良いマイクで、確実に主に自分の音声だけを拾えるマイクがあると、多少小さな声でも録音できるかと考えました。

もうYouTube『とらのすけチャンネル』には数か月投稿していません。そろそろ、なにかまたやってみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)