HDFC銀行ADRが100ドル割れでモニター開始(2019/01/25)

インドのHDFC銀行のADR(米国預託証書)の価格が昨日(2019年1月24日)、久々に終値で100ドルを割り込みました。

(過去1年分の株価チャートです)

先進国の株価とは全くと言っていいほど関係のない動きをしているインド株のなかでも、堅調な部類に入る株です。2018年は、10月に85.43ドルの安値がありました。昨日の終値は99.25ドル。

現在のPEGレシオはちょうど1倍です。EPS成長率を考えると、これ以上の株価の値下がりがあれば、さらに割安感が出てきます。

来月の収入で何の株を買おうか、といろいろと考え込んでいたところで、HDFC銀行が100ドル割れしてきたので、少なくとも90ドル台前半まで下がってくるようなことがあれば、優先して資金をこの株に振り向けたくなってきました。

現在保有中のそのほかの株は、PEGレシオではウェルビー株が2.2倍なのが最高。その他の株は1倍台ですが、株価はだいぶん戻してきていることもあり、買い意欲は以前よりも減退しています。

HDFC銀行の株価動向をこの先3週間程度は重点的にモニタリングしていきたいと思います。株は安い時に仕入れると気分的に楽であることを昨年末の急落で経験したので、この銘柄もなるべく安い場面で買い付けたいと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)