2019年からの相場を予想する

新年あけましておめでとうございます。本年も拙ブログをよろしくお願いします。

大胆なことをしてみようと思い、本2019年からの相場を予想してみようと思います。

複眼経済研究所所長であるトルコ人のエミン・ユルマズさんが、「現在はブルマーケットの前半戦ではないか」とウェブセミナーで仰っていたので、わたしももう少し昨年末の記事で紹介したチャートよりも長く引き伸ばしたものを探しました。しかしながら、なかなか見つからず、結局、TOPIXのチャートを引用することにしました。


遡ることのできる1969年1月からの20年間、ブルマーケットが続いているのがはっきりとわかります。その後株価は低迷を続けます。TOPIXも1700pt台まで上昇しては跳ね返されるベアマーケットが続いていました。

そう考えると、2008年のリーマンショックは、殊更大きく取り上げられますが、調整も800ptで終わっています。ベアマーケットの一場面に過ぎないとも見れます。

その後、一際出来高の大きなタイミングがありますが、たぶんこれが民主党政権から第2次安倍内閣に替わったタイミングでしょう。その後株価の上昇が始まり、現在に至っています。

短いベアマーケットが3か月間ほど時折ありますが、それをこなして上昇しているわけで、これをエミンさんはブルマーケットが始まってばかりだ、と仰っているのだと思います(※エミンさんは米株の指数の長期チャートを示して動画で説明されています)。

2018年末の大幅な株価の下落も、長期化せず今月か来月には反発に転じると考えることもできそうです。

2009年にそれまでの20年のベアマーケットが終わっったと考えると、面白いストーリーが作れます。2011年には東日本大震災という大惨事があったものの、そこからは株価も比較的堅調。とすれば、最短でも2029年までは長期ブルマーケットが継続すると考えることもできるのではないでしょうか?

そこまでは、「安くなったらすかさず大きく株式を拾う」という戦略で行こうかな(それ以外の時は積み立て投資)と思ったりしました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)