2019年相場を見据えて

今年も大納会を迎えました。年末になって今年は大波乱の株式相場となりましたね。そして、来年相場について、市場関係者から悲観的な意見が相次いでいるようです。

1年間通して見て、12月が最安値だったというケースは、かなり稀だと思います。結局は年初1月が高値で、以降それを更新することなく年末を迎えました。

「掉尾の一振」などともいわれる、年末高が無かったわけで、これは2007年(リーマンショックの前年)と同じです。

このあと、翌2008年は年初から日本株が大幅下落をはじめ、5月ごろに盛り返すものの、秋にリーマンショックを迎えることとなります。

先日のクリスマス付近の急落後、リバウンド狙いで、バリューっぽい株(PBR1倍割れ)を買いました。現値は買値から9%ほどの反発となっています。これも、来年早々に売ってしまった方がいいかもしれません。

というのも、私は、米国の家計債務残高が、直近のピークだった2008年を上回っていることを大いに不安視しています。債務残高は巨額に膨れ上がっており、米国の高金利とその利上げが続いていることにより、いつかは米国経済は行き詰まりを見せるだろうと思わざるを得ません。

そんなわけで、私は来年の株式市場について、超弱気です。来年はベア目線でいいのではないかと思います。ただし、直近の急落後にダウの1000ドル反発上昇などの乱高下を見るに、一筋縄ではいかぬ様子も見て取れます。

ベアファンドもレバレッジの効いたものも含め、活用できるとは思います。ただし、反発局面もあるでしょうから、長期で持てば減価する可能性があるため、やはり代替物として、米国債ETFなどを現物で買う手法の方が安全な気もします。

日本国債も外国人投資家に買い進められているらしく、為替相場にはあまり表れていませんが、日本に資金を逃避する動きもあり、リスクオフは確実に進んでいます。

来る2019年は、年初から「守り」をどうするか、考えることになりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)