長期投資成功のカギは「楽観」か

最近、株式市場が荒れていて、投資どころではないと思ったので、競馬に逃避していましたが、そろそろ相場に戻ろうと思います。

相場と向き合うなかで、悩んでいることがあります。それは、長期投資が思うようにできないことです。

投資信託で株式投資の世界に飛び込んだ当初は、辛抱強く投信を持ち続けていた記憶があります。それから10余年、自身の投資スタイルの変化もあったり、気軽に投資に入れる金融商品が増えたせいもあるのか、一度決めた投資が長続きしないケースばかりです。

投資しているうちに、様々なニュースが目に飛び込んできます。ニュースの影響を受けて相場が大きく動くこともあります。最近は、SNSを通じて個々人の相場観もいろいろと目にします。そういった情報が比較的早いスピードで頭に入っていくことで、情報に以前よりも自分自身、敏感になってきたと感じます。

相場が弱気に傾いてくると、根拠は後付けだろうが何だろうが、情報もネガティブなものが頭に入ってきて、長期投資をする気持ちが揺らいできてしまいます。揺らいで投資を中止したもののなかには、「手じまって正解だったな」と思うものもあります。ですが、あとから手じまった投資先の様子を見てみると、あっさり買い始めたときの水準に株価が戻っていたり、さらに反発上昇しているケースがかなり多いのです。

私の性格が投資に影響を与えているのではないかとも考えざるを得ません。それほど慎重な性格だとは思いませんが、飽きっぽいとか、朝令暮改的でどうも言っていること・やっていることがコロコロと変わってしまうとか。あるいは、楽観が足りないのか、とか。

次に投資をするときは、最後に挙げた「楽観的でいる」というのを意識しなくてはならないかもしれません。種銭の乏しい私の場合、株式1銘柄を収入があり次第続けて買っていく積み立て投資の方式をとるでしょうから、株価が下がっていっても、買い続ける意志の強さを持つ必要があるのですが、銘柄をその銘柄に選定した理由がなくならない限りは、買い続けなくてはならないはずでしょう。楽観して「いつかはグッと上がる」という楽観視が必要なのでしょう。

リーマンショックのような下落は想定しながらも、楽観的でいることも忘れずにいないと、財産形成はおぼつかない・・・株式の長期投資による資産形成の難しさを感じさせます。私はまだ若いので、荒波をかぶってからも、相場が2度3度と回復する可能性があります。とはいえ、そろそろ本格的長期投資をしないと、資産形成の機会を逃してしまうかもしれないので、この冬から積立株式投資を始めようと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)