2018年9月今年8か月ぶりの遠出(その1)

この2018年9月は、3連休が2度もあります。毎日が暇でしょうがない私にとっては、何かしていないと、やり過ごすのはとても無理だ、ということで、1回目の3連休初日に8か月ぶりの遠出・関西への日帰り旅行を行うこととしました。以下、その旅行記です。

3連休というのは、私にはちっともいいことがない。祝日は株式市場が開いていない。土日に相場が休んでいるだけでも嫌なのに、それがあと一日増えるわけだ。

読書でもしてのんびり過ごす、というのは理想ではあるが、読書というのは、忙しい合間のほうが読みやすい気がしている。ということで、「土日は嫌い」と言いたいところではあるが、一つだけ楽しみがあるのを思い出してしまった。

そう、中央競馬である。自分でももうやめたのだと思ったのだが、先日、臨時収入のあった時についつい再開してしまった。その時は、「散財」という感じだったのだが、その次の回からは、少し工夫をして賭けるようになった。

中央競馬は、午前中に第1レースから始まり、夕方の第12レースまであるのだが、私の勝率&資金回収率が良いのは、第10レースから第12レースという記憶があった。他のレースが全く当たらないわけではないが、全部のレースをやれば、年間で確実に負けるのが競馬である。

そこで、土日は第10レースの行われる、午後3時頃まで待ってから賭ける。賭けることが楽しい、では勝てないので、儲けることが楽しい、にならなくてはならない。午後3時まで暇ではあるが、そこは我慢。と同時に、その日の昼食後までは、ゆっくり過ごし、生活にメリハリみたいなものができるのが良い。用事をしたりもする。

そんなわけで、9月の3連休は、いろいろと検討した結果、スタートダッシュの土曜日に、阪神競馬場へ出かけることとした。

これには、いろいろ思うところがあって、どれだけ長時間リラックスして外出できるのか、とか、環境の違う都市部でどれだけ自分が上手く過ごせるだろうか、といった自分の精神障害に関するセルフチェックをすることも目的だった。

朝10時ごろに鳥取を出発。バスに数時間乗っていることも、最近は嫌になってきている。それでも乗るのは、全て現地で競馬を賭けるためである。今までであれば、朝6時台には出かけていたが、今回は、第10レース以降に賭けられればそれでいいので、出発時刻を大幅に遅くした。(その2に続く

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)