米国株全売却して作戦変更

トルコリラの急落が、金融市場を揺るがして、世界同時株安になる結果となりました。

私の手持ちの米国株も、朝、弱いものがあり、値段はどうでもいいや、という感じで、市場が開いて早々に全部売却してしまいました。

売ってしまった銘柄の今後もわからない状況ですし、再度投資できるタイミングを探ることとなります。

相場環境は確実に悪化しつつあると感じます。

株の売却益は、トータル円建てで9.3%ほどでした。相場が調子のよいときは、忘れがちですが、リスクオフになると為替が円高方向の振れやすいので、現地通貨建てで利が乗っていても、円建てだと元本割れということもしばしばあります。

相場環境が変わってしまったと自分の中で感じたことが大きいのですが、長期保有よりも、少々機動的に動いた方が、利益を積み上げやすいだろう、と感じました。

今後の作戦ですが、金が買われることなく債券に資金が集まったということで、債券投資を増やそうか、と思っているところです。実行後、またこのブログに書こうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)