外出の度に心が傷つく

このブログで結構、僕は外を出歩いている印象を持たれた方も多いと思います。ですが、実際には、外出はあまりしたくない、というか、したくなくなってきているのです。

昨日も、気温がちょうどよくて、お散歩日和でしたが、人通りのある街を歩く気はあまりなく、ほとんど家で過ごしていました。

外出は、相変わらず「心を傷つけられる」感覚があります。「外出にもいつかは慣れるだろう」と思い、病院までひとり列車で出かけたり、日本各地に旅行に出かけたりしましたが、心が傷ついて疲れてしまうことが外出するたびに感じられるという状態から抜けだすことは、ついにありませんでした。

家族に囲まれている自宅屋内では、皿洗いやちょっとした軽作業を手伝うことはできます。ですが、他人と接触する機会の多い場所や外ではなかなか活動はできません。

「これ以上、自分の障害が改善することはないな」と思うようになりました。まあ、自分のできることをできる範囲でやるしかないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)