「あきらめるな!」

これは、アメリカのジョセフ・マーフィー博士の言葉で、博士が精神病院を訪問した際に入院患者たちに語った言葉だといわれています。

本でこのことを読んだ私は、最近まで「治癒することをあきらめてはいけない」という意味だと思っていたのですが、最近になってこのくだりを思い出し、違う意味なのかもしれないと思い始めました。

要は”Never Give Up!”という意味を訳したらこうなったのだろう、というわけです。日本語として言えば「投げやりになってはいけない!」と意訳すると良いと思いました。

これは、通院の精神疾患患者としての私にも言えることだと思いました。

投げやりになると、ついつい生活でも刹那的なうっぷん晴らし(競馬など)に走ってしまいがちですが、気持ちをしっかり持っていけば、お金もちゃんと管理できるし、生活リズム・体調管理や人間関係・ネット上での付き合いなども、不安定でなくなる、ということでしょう。

気持ちも自然と前向きになることが期待できます。横道にそれず、ゴールめいたものを目指して少しずつ歩める、という意味では単純明快だけれど素晴らしい箴言(しんげん)ではないかと改めて思いました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)