私の音声認識技術への期待と現実のギャップ

音声認識技術に期待するところは、かなり大きいものがありました。

ただ、私の気持ちとしては、テキスト入力を音声認識技術を使って文字起こししてくれるとか、そういったことを期待していたのですが、AmazonのAlexaなどが目指していることは、そういうものとは違うようです。

Amazonの“Amazon Echo Dot”スピーカーでも、うまく言ったことが認識されない場合も使っていてよく起こるので、発音を正確に文字に変換することは、案外と難しいのかもしれません。それで、文字起こしをしてくれるツールがいまだに未完成なのでしょう。

Amazonの目指すところは、AI(人工知能)技術を駆使して、人々の生活を楽にすることにあるとは思えるのですが、このブログを制作することには、残念ながら全く役に立ちそうにありません。

まあ、私の場合は、YouTubeなどでマイクに向かってしゃべる放送は疲れるので休止しています。寝たり起きたりの生活をしている私には、ブログのような静的なメディアによる情報発信の方が向いていると思いました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)