今日もぼちぼち生きていきます

何度か過去、自分のどうにもならない日常生活の苦しさとか、もがきとかをブログ上で書いたつもりです。

そう言いながらも、自分が「必要とされている」と感じる場面もたまにはあり、生きていて苦しいだけでもないです。

働いていないことに、何となく「社会人でない」という気持ちを持つときもあります。いっぱしの大人ではないなぁ、と感じざるを得ない場面も少なくはありませんでした。

ですが、病気になって、これだけ(20年以上)経ってしまうと、開き直るしかないなぁ、と思う時も多くなり、近くの知り合いのところにちょこちょこ平日昼間に顔を出したりすることもあったり、天気が良ければ散歩してきたりと、体調の良い時は軽く動けたりして、何となく人間らしく過ごすこともできています。

親がもっと歳をとったら、とか、自分が老いたら、とか考えたらきりがないですし、先々の心配をしたらきりがありません。そこは、自分の出来る限りの自助努力は怠ってはならないんだけれど、例えば、お金を貯めるとかいうことですが、それもほどほどにして、日々の生活も少しは楽しんで、どちらもバランスをとって生きていきたいな、と思っています。

四季の移り変わりなどが体調にもろに影響を与えることも多いので、また「動けん…」とかここで書くこともあるかもしれません。薬のおかげで今の体調を何とか維持しているので、そこは仕方がないとして、まあ、今日もぼちぼち生きていこうかなぁ、と思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)