【投資考】自分にとってのベストな株式投資法は?

最近のネット界隈の言説で、「インデックスファンド最強!アクティブファンドの半分以上は、インデックスファンドに負けている」という話はご存知でしょうか。

実際、そうなのですが、それは、「市場が案外効率的だ」ということも言えます。市場全体に指数と同じウェイトで投資しておけば、「相場が良くなっている時」は、必ずリターンがある、ということだと思います。

一方で、短期にガツガツ売買することなく、数十万円を億にした敏腕個人投資家もいます。これは、「市場の非効率性」を存分に取り込んだ結果だと言えるでしょう。

私も、5年間、同じアクティブファンドに定時定額積立投資をして、60%以上の含み益を得て利益を確定したことがあります。ただ、同時期にインデックスファンドに投資するよりも、パフォーマンスでは劣後していました。

さて、前置きはここまでにして、私が次に相場の崩壊があって、底入れした暁に、どんな投資をしたらいいのか、投資手法をピックアップしてみます。

1.TOPIXのインデックスファンド(またはTOPIX連動型のETF)にお金を放り込む。
2.アクティブファンドを選び出し、集中的にお金を放り込む。
3.低位株で有望そうな銘柄を数銘柄選んで分散投資する。

期待できるリターンは、3.>2.>1.だとは思います。1.と2.の比較については、別の機会の考えるとして、3.にも、失敗する、というか、企業が消えたり、インデックス以下のパフォーマンスしか出せないで終わる、といった可能性もあるので、「3.>2.>1.」というのは、絶対ではありません。

ただ、私の場合、インデックスファンドで出せそうなパフォーマンスでは満足できませんし、老後資金の形成の観点から考えて、1.では足りないと思うので、2.か3.を活用して賭けるしかないと思います。

いずれにせよ、投資と現金の交換サイクルは6~8年程度でやって来る、と考えて、長期投資をするのが財産形成の道だと信じています。

今のフェーズは、「現金にしておく場面」と考えており、その代替物として、個人向け国債の3年固定ものをしばらく買い続け、相場が終了したのを確認して、個人向け国債の買付を終了し、定期預金等で現金を保管しておくのが最善だと考えます。定期預金を持つのは、「バブル崩壊」直後から、「そろそろ相場も底入れ」と感じ始めるまでです。

とにかく、投資は忍耐に次ぐ忍耐が要求されるので、意志の弱い人間だと思っている私にはつらいのですが、金融商品の様々な仕組みも援用しながら、財産形成に励みたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)