天気は良いのに精神は疲れている

今日も未明に目が覚めましたが、なんとなく体がだるい感じで、トーストを1枚食べて薬などを飲んだ後、また寝て起きたら、株式市場はすでに始まっている時間でした。

それでも、持続して起きていることができなくて、何度も布団に入り、マーケットのお昼休みに日経先物が戻しているところでオプション取引をし、昼食後すぐにだるくなってまた横になり、横目でパソコンのモニタを観ながら、なかなか起きていることがやはりできず、東京市場の引け頃にまた動けるようになって、バナナを食べ、食パンやフランスパンのかけらをトースターで焼いておやつに食べたら、なんとかパソコンに向かってこうして文章を書く気になった、といったところです。

今日のお昼は、ぽかぽかと暖かい陽気で、少し外に散歩に行った方が良いかもしれません。

天気が精神にも大きな影響を与えることもしばしばですが、家にこもって過ごしていると、外の天気とは関係なく、前日の疲れなどを引きずって、いっこうに体調が上向かないこともあります。

こんな時は、外を少し歩いてみたり、頓服薬を飲んだりして、疲れが回復するかどうか、試してみるしかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました