自分に合った日常を求めて

私は、暇つぶしにFX等をやったり、相場の流れを見たりして過ごすこともよくありますが、短期取引の頻度が漸減するにつれ、時間は有限なので、有意義に過ごしたいなぁと、しょっちゅう考えています。ただ、答えを見つけるのは、そう簡単ではなさそうです。

最近は、読書も労力を要するので、できなくなってきています。音楽を聴くのも、頭が精神的に疲れてきてしまうので、それほど聴くことはありません。精神的に疲れやすい、自分の障害の症状が強く影響を与えているのでしょう。

その一方で、軽いブログ調の読み物、ツイッターのような散文は、受入れ容量の小さい私にも受容可能なので、主にスマホやパソコンから文字情報や静止画情報を得ることで日々生きている、と言っても過言ではありません。

自分の活動を自分に受け入れやすいようにチューニングしていくことが、楽にいきいきと生きていく道なのだ、との思いを最近強くしています。この辺りのことを深く追求していくことが、自分が生きる上での大きなテーマではないかと思い始めています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)