ワードプレスを始めてみようと思ったわけ

「ワードプレスは面倒そう」…そんなイメージと、レンタルサーバーを借りるなど、お金を払ってブログを書くことをケチっていた私ですが、奮起してワードプレスを始めたのにはいろいろと思うところがありました。

ひとつは、無料ブログのアクセス数が、最近かなり増えてきて、自信が付いたこと。もう一つは、今の無料ブログに不満なところが多々出てきたことです。

アクセス数については、ブログは、自分にとって価値があるのかどうかは関係なく、一つ記事を多く書いただけで、その分アクセスが増えるのです。当たり前のことのようですが、やはり記事の重要性は、書き手だけではなく、読み手の方も価値を決めるものなのだと思いました。なので、思いついて書こうと思ったことは、すぐに記事にアップするようにしてきております。アクセス数は目に見えて増えてきました。

あとは、今使っている無料ブログに、制約が多いと感じてきたことが不満になっていたというのも、ワードプレスを始めようと思ったきっかけです。テンプレートのデザインがあまり面白くなく、種類も少なくて、アクセシビリティ(読み手への配慮)対応にも問題があるように思えてきました。データのアップロードも一定量を超えると有料になってしまうので、これなら、いっそブログをもっと土台から作ってみようか、と思ったのでした。

充実した内容を目指して、不退転の意思を持っていますので、(チョットだけ)ご期待ください。

タイトルとURLをコピーしました