馬券の買い方を刷新(2018/10)

私の主に買う馬券の券種は、三連複(1-2-3着を順不同で当てると的中となる馬券)です。

これまでは、軸馬を1頭決めて、相手を6頭程度選ぶ、「1頭軸ながし」でした。これだと、軸馬が3着以内にゴールして、残り2頭が「相手」であれば、的中です。

ただ、この1頭軸相手6頭ながし、相手が7頭以上になると、買付点数が21点、28点、36点、と簡単に増えてしまい、穴馬をカバーするには効率が悪い馬券の組み方なのです。

そこで、とあるプロの馬券師の方の買い方を参考に、三連複の買い方を改めることにしました。刷新後の買い方は、よく言われる、「フォーメーション」と呼ばれる買い方です。

私の場合、まず軸馬を1頭決めます。そこまでは1頭軸ながしと同じです。続いて、2着相当の馬に人気上位馬を4頭程度据えます。そして、3着相当の馬をほぼ総流しにするというものです。

この買い方ですと、おもに的中するパターンはだいたい決まっています。程よい人気の馬である軸馬1頭・人気と実力を備えた馬1頭・それに穴馬か人気馬のうち1頭がそれぞれ1頭ずつ入線して馬券が的中するパターンです。

こうしますと、1頭軸ながしに比べて、穴馬を少なめの点数でより幅広く拾えるとともに、上位人気馬は1頭は3着以内に入ることが多々あるので、それを無駄なくフォローできる、という点が優れています。

3列目を総流し近いながしにする関係上、点数は20点前後になりますが、1頭軸ながし相手6頭15点よりも、高い配当の馬券を拾える可能性が高まるので、いいなぁと思っています。

この買い方で、先週のレースの2万馬券も的中させました。予想精度向上の研究とともに、さらに買い方の研究をしていこうと思います。


一度は行ってみたい

私の競馬狂いも自己規制していた分、また高まってきています。

「やめたんじゃなかったっけ?」と仰る読者の皆様、よくぞ覚えていてくださいました。2カ月ほど自粛していたのですが、また始めてしまいました。

先週は、万馬券も中央競馬で2つ取れたので、もっと取りたい、という気持ちがあります。

ところで、私が一生のうちに、一度は行ってみたい場所があります。東京都府中市にある、東京競馬場です。10年も競馬をやっていて、一度も現地に行ったことがないんです。

そこよりも東にある、福島競馬場には2013年に訪問を果たしています。今年は京都競馬場と阪神競馬場に行っています。関西の競馬場は日帰りも容易なため、何度も行っているのですが、福島競馬場や東日本の競馬場ともなると、旅費もかかる大行軍になります。

なにか臨時収入が入ってこない限り、東日本に旅打ち(競馬旅行)できる機会はないのですが、やはり、5年に1度くらいは、行ってみたくなります。

ぎりぎり西日本になる、中京競馬場も競走馬の直線の攻防という意味では、同じ左回りということもあり、似ているかもしれませんが、中京競馬場の指定席の立地はおそろしく悪く、席からのレースコースの眺めは興ざめこの上ないです。

そういう意味では、直線の長い競馬場で、左回りで、直線入口~ゴール板が指定席から一望できそうな東京競馬場は、一度は訪れてみたい競馬場です。

自分の体調が落ち着いている今であれば、行って観戦できそうな気がします。買い物には全く興味がないので、競馬目的で東京へ足を運んでみたいと思う、今日この頃です。


文章をもっと書いていきます(2018/10/14)

今更ながらですが、もう少し、ブログを書くことに力入れようと思います。自称文筆家と言えるくらいに。

このブログは、レンタルサーバを月千円で借りて運営しています。お金を払ってブログを書いているのに、ブログを書き込む頻度が今まで少なすぎたような気がするんです。

何かを書きたいと思う欲求は、私には多くあります。それをもっと引き出してやらないと、もったいないじゃないかと思うようになってきました。

政治的な意見はあまり書きたくないです。世の中への不満を書き連ねるよりも、自分の気の付いたことや知ったことなどを、いろいろと書いていきたいですね。

daily082さんのブログも、私には刺激になっています。肩ひじ張らずに書き綴っていくということは、ブログを続けて書いていくためには必要なことです。私の場合、文章に表れているのかどうか自分ではよく分かりませんが、自然と力んで書いている気分の時が多かったので、もう少し、内容も表現も柔らかいものを目指していきたいと思います。

こうやって考えていくと、私の文章の書き方にも、まだまだ改善の余地が多くありそうなことが分かります。目標は、肩ひじ張らない読んでいて人を楽しくさせられるブログを作ることです。一つの記事の中で、話題が飛んだりする、雑談ブログでもいいじゃないかと思うようになりました。


最近の私の暮らしぶりと働くことについて(2018/10/13)

最近、生きていて全く張り合いがありません。

私の統合失調症の症状は、主治医から処方されている薬が適切に作用しているのか、安定している現状です。朝夕の主剤類の服用に加え、外出するときには、安定剤の定期的服用が欠かせませんが、もう慣れっこなので、遠出をするときも4時間おき程度の服用を続けて過ごせば、帰宅時まで安心して過ごせるようになっています。

病状が安定するとともに、夜10時前後就寝・翌朝5時ごろ起床、という生活リズムも大崩れすることなく、日々継続されています。

以上のような安定があるにもかかわらず、私が毎日やっていることと言えば、前回のブログ記事の冒頭にも少し触れましたが、近くの親戚のところに行って、茶飲み話をしたり、ネットで馬券を買って遊んだりといった活動程度しかできていません。

料理・洗濯・掃除などの家事は苦痛に感じてしまい苦手なので、家庭のゴミ出し程度しかやっていません。一般の方々が当たり前にできることもできないのに、遊びまわっていていい気なものだ、と思われそうですが、私としては、「今の私には、できることがその程度までなので、それをやっているのです」としか言うことができません。

ハローワークにたまに行ってみては、障害者雇用担当の相談員の方と話をしてみることもありました。相談員さんを介して、自分の就業にあたっての希望条件を挙げてから企業と連絡を取ってもらったりしたこともあるのですが、条件に合う職場はなかなかありません。いつハローワークに行ってもそうなので、あまり足が向きません。

そういう現状です。家事が苦手だったり、そのほか一般人が誰でもできそうなことができないとしても、人間何か自分の特性や能力を生かせる場所がどこかにあるはずだと思うのですが、未だに自分の居場所を見つけることができていません。

私の統合失調症に関わる症状は、精神疲労が溜まるのが早いとか、集中力を長時間維持するのが難しいとか、働くには不利なことがいろいろあるのですが、せっかく生きているのだから、なにかしら働いていたい、という思いもあるので、自分を発揮できる場所を見つけたいのです。

この記事の冒頭で、生きていて張り合いがない、と述べたのは、そういった、自分を全く発揮できていない状況で、やむを得ず「ご隠居生活」になってしまっていることへの不満が、統合失調症の症状の安定化とともに、頭をもたげてきたからだと思います。

田舎暮らしゆえ、都会暮らしの方々よりも輪をかけて不利な状況下に置かれているのではないかと感じていますが、なんとかならないものだろうかと毎日のように悩み考えているところです。


週末の雑談(2018/10/12)

最近の平日は、近所の親戚のいるところに行って、茶飲み話を数時間したり、パソコンやスマホから地方競馬をして散財したり、その点では私はもうご隠居さん状態です。

投資やギャンブルをしていると、まだ「ご隠居」にはならないとの考え方もできますが、心身ともに脆弱な私にできることと言ったら、短期集中型の知能を使った活動しかありません。

話が飛躍しますが、日下公人さんが、以前に「日本人は核兵器を持って昼寝して暮らせ」と仰っていました。私は時事問題に日頃から関心が高い人間ゆえ、日本の国防力に日頃から不安を持っています。核兵器を持てれば、隣国等からゆすられたりたかられたりせず、安心して昼寝して暮らせそうですので、上記発言ほど日本の進むべき道を簡潔に的確に喝破した言葉はないと思っています。

そういえば、今日親戚のところに行ったら、親戚のおっさんが夕方のTVのニュースを見ながら、「安倍さんはトランプ(大統領)に、いい様に騙されている!」んだとか急に言い始めてびっくりしましたね。それに続けて、「貿易交渉の報道が日本側と米国側で全く違っている」「トランプが世界をめちゃくちゃにしようとしている」なんて、政治的な発言をそんなにしないおっさんが急に言い出したものですから、驚いてしまいました。

それを聴いていて、「ああ、TVなんかを通じて、トランプ大統領の虚像が多くの日本人の頭の中で作り上げられてるんだぁ」と思いました。私の中では、我が国の安倍首相もトランプ大統領も、ともに新しい世界秩序を作っていく、最重要のキー・パーソンです。トランプ大統領に関するスキャンダル報道は、「ロシア・ゲート疑惑」も含め、全てでっちあげの「フェイク・ニュース」なのですが、TVや大手外電・日本の新聞を見聞きしているだけだと、トランプ大統領の本当の姿が見えてきません。

安倍さんにも同じことが言えるわけで、「モリ・カケ」のような偽スキャンダルで指導者への個人攻撃が行われているのは、日米首脳とも共通しているといえます。安倍・トランプ路線で世界秩序が形作られると、困るのは大手メディアとその背後にいる大きな勢力であるという認識が、日本では一部の出版物やSNS等からでないとうかがい知ることができません。米国ではトランプ大統領への国民の支持はすでに強固なものとなりつつあります。FRBもたじたじなわけです。

というわけで、私はトランプ大統領の多くの政策は、世界の安定と米国の繁栄に資するものだと思いますから、「よろしいんじゃないですか」という考えです。安倍首相は、日本では稀代の名宰相という認識で一貫しています。もちろん、安倍さんの全政策に諸手を挙げて賛成しているわけではありませんが、他にこの方に代われる人物が、今の日本には全くいません。


株価指数CFDホールド期間最長記録更新

日経平均CFDを今月9月19日に買建てして、今日まで10日間ホールドし続けてきました。

これは、私が株価指数CFDを保有し続けた最長記録ではないかと思います。以前、ゴールドのCFDを長期間保有した記憶がありますが、それに次ぐくらいの長さだと思います。

最近の値動きが上方向で比較的安定しているのが要因です。このまま行けば、来月に持ち越しとなります。

10月、11月…と、長く保有していけたらという期待が膨らみます。


CFDを活用するメリットを再確認

現在、日経平均株価は堅調に推移し、24,000円台に乗せています。

私の保有している日経平均CFDも、含み益が増えてきました。逆差値はまだ慎重にみて動かしてはいませんが、あと数百円日経平均株価が上昇した場合には、値を上方に動かそうと思っています。

さて、CFDを活用するメリットといえば、少額の証拠金でレバレッジを利かせて大きな利益が狙える、ということを考えがちですが、私は少し違います。

以前に、eワラントの活用方法とメリットについて、ラジオ番組で聴いたことがあります。それは、レバレッジ商品は、一部資金だけ投資に回し、投資に充てなくてはならないはずの残りの現金を現金として持てるのがメリットだ、というお話です。

eワラントの場合、最大損失は投資元本までに限定されている(追証がない)ので、特に上記のメリットを強調できます。CFDについても、逆指値注文を入れれる上に自動ロスカット機能が付いているので、先物よりもセーフティーネットが充実しているので、eワラントほどではないにせよ、現金を手元においておけるメリットを享受できます。

レバレッジ1倍近くになる現金を保有していればより安全です。差入証拠金は必要な金額プラスアルファを入れておき、残りの現金は銀行口座に置いておくことができます。当たり前のことですが、必要に応じて現金が出し入れできます。証拠金取引をしていることを意識していれば、そのような行動も節度を持てるでしょうから、ETFのように、買い付けたために現金がすべて持っていかれてしまうよりも、便利です。

私の場合は、全投資資産・貯蓄をCFDの証拠金とすれば、約1倍のレバレッジで日経平均CFDに投資しています。国内債券インデックスファンドを全解約して現金化しましたので、残りは個人向け国債とCFD。個人向け国債は現金に等しいので、実質投資先はこれ一つになります。


国内債券インデックスファンド全解約

国内債券インデックスファンドを全解約しました。

なぜかといいますと、このところ、債券価格が下落していることが第一。それと、わざわざ国内債券に今、投資しなくても現金で持っていればいいじゃないかと思ったからです。

以前は、簡単に動かせる流動資産にしてしまうと、無駄遣いなどにお金を使って、貯蓄のペースを鈍らせる恐れがあると感じていました。ですが、最近は少し我慢強さが出てきたことと、また次の記事で触れたいと思いますが、少しは流動性を持っている必要もあるのではないか、と思い直したことがあります。

今後年末に向けては、全資産の年間目標額達成へ向けて邁進します。


試みに日経平均CFDを買建て

日経平均CFDを買いから入りました。

1枚が日経平均株価×10円のCFDです。本来であれば、レバレッジ1倍に限りなく近い金額で持ちたいのですが、余剰資金を使っての試験運用のため、そこまでは実現できませんでした。

証拠金取引はなるべくなら避けたいのですが、約定・決済のスピードなどを考慮すると、ETFよりもCFDの方がかなり優れていると思っています。最終的には、レバレッジ1倍近くまで近づけるよう、証拠金を積み増していければと思います。

運用の位置づけとしては、主体は国内債券インデックスファンドの買い増しです。それは少しずつ。一方で、日経平均CFDは、早期にレバレッジ1倍にできるだけ近づけるのが目標です。

ただし、日経平均CFDの運用期間は、短ければ今年中の手じまいを考えています。ですので、証拠金を増やしてもレバレッジ3倍に近づけるくらいがやっとかもしれません。

9月の『月中アノマリー(月の中頃が底値となる)』から、底打ちは済んだとみて、これからは上げ一本調子の相場になるとにらんでいます。今年中の米株・日本株の大幅下落の確率はかなり低くなってきたとみて、CFD活用を思いつきました。

とはいえ、私の懐事情いかんによっては、真っ先に売却するのが、今回の日経平均CFDです。ですので、万事事がうまく運んでいたら、年末まで保有できる、というのが私の希望です。


国内債券インデックスファンドを買い増し(2018/09/18)

国内債券インデックスファンドを買い増しました。

個人向け国債購入は当面の間、見合わせます。国内債券インデックスファンドの買付を可能な限り毎月行い、口数増加を図ります。

現在、ポートフォリオの年間目標残高の70%に達しています。順調に行けば、年末には目標額に到達できていると思います。

戦前の資産家である本多静六翁の教えである「好況時は勤倹貯蓄、不況時は思い切った投資」に倣い、金融の中心地である米国を中心に好況である現状を踏まえ、投資資金のポートフォリオは保守的運用を維持します。

とにかく、私は圧倒的に種銭不足ですので、貯蓄して、満足に国際分散投資が行える体制になるまでの間は現在の投資方針を貫きます。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)